uint64_t - 符号なし64bit整数型

「uint64_t」は符号なし64bit整数型です。「stdint.h」ヘッダをインクルードすることで使えます。C99で導入された型です。

# 符号なし64bit整数型
uint64_t

符号なし64bit整数型が表現できる整数の最大値は「4294967295」、最小値は「0」です。

最大値は「UINT64_MAX - uint64_tの最大値を表す定数」というマクロで定義されています。

uint64_tのサンプルコード

uint64_tを使ったサンプルコードです。符号あり64bit整数の値を超えおり、符号なし64bit整数であることを示すために、printf関数のフォーマット指定子で「%llu」、整数リテラルで「ULL」サフィックスを使っています。

#include <stdio.h>
#include <stdint.h>

int main(void) {
  uint64_t num = 18446744073709551615ULL;
  
  printf("%llu\n", num);
}

出力結果。

18446744073709551615
Perlテキスト処理のエッセンス
  • 初級者向け・テキスト処理と正規表現の基本をマスター
業務に役立つPerl
  • 実務者向け・ログ解析など日本語を含むテキスト処理の実践!
Perlクラブ
  • 仲間と出会い
    ゆとりあるエンジニアライフを送る