int64_t - 符号あり64bit整数型

「int64_t」は符号あり64bit整数型です。「stdint.h」ヘッダをインクルードすることで使えます。C99で導入された型です。

# 符号あり64bit整数型
int64_t

符号あり64bit整数型が表現できる整数の最大値は「9223372036854775807」、最小値は「-9223372036854775808」です。

最大値は「INT64_MAX」、最小値は「INT64_MIN」というマクロで定義されています。

int64_tのサンプルコード

int64_tを使ったサンプルコードです。

#include <stdio.h>
#include <stdint.h>

int main(void) {
  int64_t num = -9223372036854775808LL;
  
  printf("%lld\n", num);
}

printf関数のフォーマット指定子で「%lld」を使っています。

Unix/Linux/Mac/Windowsですべて正しく動くように、整数リテラルのサフィックスは「LL」、フォーマット指定子には「%lld」を使用しています。「L」や「%ld」はWindowsでは、符号あり32bit整数を意味しているからです。符号あり64bit整数を保証するために、「LL」と「%lld」を使用しています。

出力結果。

-9223372036854775808
Perlテキスト処理のエッセンス
  • 初級者向け・テキスト処理と正規表現の基本をマスター
業務に役立つPerl
  • 実務者向け・ログ解析など日本語を含むテキスト処理の実践!
Perlクラブ
  • 仲間と出会い
    ゆとりあるエンジニアライフを送る